つながり。

Pedersenが亡くなったって知った日からずっとPedersenばっかり聴いてる。
会って話したことなんてないし、もちろん知り合いでもないけれど、この喪失感は親しい人を失ったあれに似ている。

音楽やってて、JAZZの世界にのめり込むようになって、いろんな人に出会った。いろんな感性に出会った。生身のふれあいと同じくらい、僕にとってCDを通しての出会いは大きい。

例えばあるCDを手に取って、メンバーを眺める。するとその中の一人が他の誰かを紹介してくれる。そこでまた新たな感性と出会う。そうやって僕のCDは増えてきた。これからもたぶんそうしてつながり続けるんだと思う。

会ったことも話したこともない人たちと、こうして僕はつながっている。僕につながるひとつひとつの出会いに全て前後があるから、それぞれが特別。だからPedersenが亡くなったことがこれほど辛いんだろう。

僕の好きなプレイヤーがどんどん亡くなっていく。けれどたぶんつながりは消えない。そしてまたどこからか新たなつながりが生まれるんだろう。
大切な人からもらったこのつながりを僕で止めてしまわないように、なんとかがんばってみようかな、と思う。できることは少ないけれど。

きっとPedersenは今頃天国でものすごいセッションをしてるに違いない。できればそこでCD作って欲しいなぁ。いつか僕が向こうの世界に行く時までには、ちゃんと楽器で会話できるようにしとかなきゃ。
[PR]
by terra_4415 | 2005-04-26 14:02 | 整理整頓!
<< 『The Birthday C... 『THE FABULOUS S... >>